コラム

ダイエット

6週目:ロッキン50肩ブギウギックリ腰

あ、動けない

いびきを改善するには、まずは生活改善=メタボからの脱却。普段運動をしないツケがここに来てきました。
きっかけは、家に帰り靴を脱ぐ時にしゃがんだ時。右腰に違和感と小さな痛みを感じました。その時はちょっと気になる程度でシャワーを浴びてそのままナステントをして就寝。 朝起きて、顔を洗おうと洗面台に顔を近づけた時、ビキっと全身に電流が走り、そのまま上にも下にも腰をあげられず、中腰のままフリーズ。空気イスの状態であることも忘れ、脂汗が滴り落ちます。永遠かと思われた数分後、すり足でベッドにダウン。

あ、これが魔女の一撃

少し楽になるとこれがぎっくり腰かということがなんとなくわかってきました。
とりあえず、仰向けになり膝を軽く曲げてその下に枕などを入れます。横向き寝の時は膝を軽く曲げるのも、腰骨の反り返りを防いでくれるようです。
痛みが少しおさまってきたら、またすり足で氷をとりに。袋に氷を入れ、塩を少々入れた簡易的な氷嚢を作り、ベッドに戻ります。
あとは、休みの連絡を会社にし、ただひたすら安静にします。夕方になり少し動けるような気がしたのでコルセットを買いに近くのドラッグストアへ。これが意外に値段が高い…やむを得ません。しかしその場でするとだいぶ楽に。その日は安静にしてそのまま寝ます。いびきをかくと眠りが浅くなり覚醒してトイレに立つことも多くなるので、いつものようにナステントをします。

あ、こいつ…動くぞ

翌日は目が覚めたら自分がぎっくり腰だと思い出せるようにコルセットを枕元に。休みをもらって安静にさせてもらったおかげでゆっくりと立てます。すぐにコルセットを装着。 歯を磨いて口を濯ぐとき、顔を洗うとき、すべてをスクワットのような要領で動きます。
動きやすい服にして出社。歩けそうだったら少しでも動きます。2、3日後はあまり安静にするよりも少し動いた方が良いようです。
現在4日目経過ですが、少し痛みはありますが普通に生活できるようになりました(コルセットはまだしています)
どうやら背筋が落ちているのもぎっくり腰の原因につながるそうです。
まだ怖くて体重計にのれておらず、今週の定点計測はなしです。
皆さんもオーバーワーク、過度な運動にはお気をつけください。
確実に治る時間が30代より遅くなっていると痛感した44歳の冬でした…