Professional Interview

  1. ナステントトップ
  2. Professional Interview
  3. Professional Interview パーソナルトレーナー 栗田興司

Professional Interview 02.

トレーナー業界の第一人者
栗田興司が語る
呼吸から始まる睡眠へのアプローチ

パーソナルトレーナー 栗田 興司

最近、様々なシーンで使われるようになった「リカバリー」という言葉。皆さんもどこかで耳にしたことがあるのではないだろうか。

スポーツや医療の現場だけでなく、ビジネスシーンでも盛んに飛び交っているこの言葉について、独自の視点で研究を続けてきた男がいる。パーソナルトレーナーの第一人者、栗田興司氏だ。

まだ日本ではフィットネスがそれほど注目されてない頃から、パーソナルトレーナーとして活動を始めた栗田氏。「その人にあった目的を達成するサポートをしたい」と、数多くのトップアスリートの指導をする中で辿りついた答えが、リカバリーの重要性だった。今回、ナステントでは、リカバリーが、いかに我々の日常にとって大切なことかを探るべく、栗田氏に話を聞いた。

Professional Interview KURITA KOJI

栗田氏が語るパフォーマンスを最大化する計算式

アスリートも含め、人はパフォーマンスの最大化を求めて、求められていると思います。そのためにはどのようなアプローチを考えればよいのでしょうか?

トレーニングをすれば、例えばスキルが身につくなど、アビリティ(能力)の上限が上がりますが、そのぶん疲れます。上がったアビリティと、即時的に疲れた疲労分を差し引きし、疲労分の方が大きい時には、パフォーマンスが落ちるんですね。

では、疲労が回復していけば、パフォーマンスが上がるかというと、そんな単純なことではないのです。疲労を抜くためにトレーニングの間隔をあけると、培ったアビリティも徐々に落ちていきます。つまり、どこかで、培ったアビリティが疲労に勝った時に、パフォーマンスが上がるわけです。そして一流の選手になればなるほど、このアビリティの上限をあげることは大変です。すでに人間として極限の領域に達しているのに、さらにトップラインをあげるというのは非常に難しいことなんです。

そう考えると、トレーニングの残存効果があるうちに、回復だけを早めたら、より早くパフォーマンスを最大化できることに気がつきます。アビリティをあげるか、疲労を回復させるか、どちらが効率的かを考えると、特にベテランのトップアスリートの場合、トレーニング以上に、疲労の回復に力を入れるべきなんですね。ベテラン選手は、テクニックもメンタルも、そしてフィットネスも十分兼ね備えていますが、加齢による回復力の低下がネックになっているのです。これは極論ですが、この理屈で行けば、競技によっては60歳でパフォーマンスのピークを迎えることも可能ではないかと思っています。身体へのアプローチを科学的に考えている野球選手やサッカー選手は、昔じゃ考えられないくらい選手寿命が長く、実際にそういった「レジェンド」と呼ばれる選手が増えていると思いませんか?

僕が初めて回復の重要性に気づいたのは、学生時代、この業界にいれば誰でも習う「超回復」について学んだ時です。トレーニング論の教科書に載っていますよ。すごく簡単に言っちゃうと、例えば筋トレすると疲労して筋力は落ちるけど、48時間ほど休むと回復して、元の筋力レベルを少し上回る回復をみせるっていうヤツです。なるほど、ただ頑張るだけじゃなくて、休むっていうのは重要なんだなと。ただ、学んでいるうちに、疑問が湧いてきたんです。「競技の練習は毎日やっているじゃないか、心臓は、ずっと休まずに動き続けているのに疲弊しないじゃないか」と。

心臓の筋肉も骨格筋と同じ作りのはずなのに、いくらハードな運動をした後でも、休まずに動き続けてくれていますよね。超回復という概念だけではつじつまが合わないことから「回復」に関して学びを深めたいと思いました。

ナステント株式会社とは

睡眠を呼吸から考えるナステント株式会社 「睡眠時無呼吸症候群やいびきに対する新しい選択肢を提供し、人々の睡眠の質の改善=QOL(Quality of Life)の向上に貢献する」というミッションのもと、睡眠時の呼吸に対し、鼻に柔らかいチューブを挿入することで、呼吸時の鼻や気道の空気の通り道を内部から確保という斬新なスタイルで貢献する一般医療機器「ナステント」の製造・販売を通じ活動しています。人びとに質の高い睡眠を提供し、最高のパフォーマンスを実現します。

アスリート支援プロジェクト公募受付中! 睡眠時の呼吸をサポートし「攻めの睡眠」によってアスリートのパフォーマンスアップを持続的に支援します。

FAXでのご購入

注文書に必要事項を記入して、処方指示書と共にFAXください

03-6453-7019
注文書ダウンロードはこちら

電話でのお問い合わせ

商品のお問い合わせや、医療機関をお探しの方はお電話ください

0120-480-740

受付時間:10時~18時(平日のみ)

携帯電話・PHSからもご利用になれます

一般医療機器届出番号 13B2X10399000001

  1. ナステントトップ
  2. Professional Interview
  3. Professional Interview パーソナルトレーナー 栗田興司
backTop