Professional Interview

  1. ナステントトップ
  2. Professional Interview
  3. Professional Interview パーソナルトレーナー 栗田興司

Professional Interview 02.

トレーナー業界の第一人者
栗田興司が語る
呼吸から始まる睡眠へのアプローチ

パーソナルトレーナー 栗田 興司

最近、様々なシーンで使われるようになった「リカバリー」という言葉。皆さんもどこかで耳にしたことがあるのではないだろうか。

スポーツや医療の現場だけでなく、ビジネスシーンでも盛んに飛び交っているこの言葉について、独自の視点で研究を続けてきた男がいる。パーソナルトレーナーの第一人者、栗田興司氏だ。

まだ日本ではフィットネスがそれほど注目されてない頃から、パーソナルトレーナーとして活動を始めた栗田氏。「その人にあった目的を達成するサポートをしたい」と、数多くのトップアスリートの指導をする中で辿りついた答えが、リカバリーの重要性だった。今回、ナステントでは、リカバリーが、いかに我々の日常にとって大切なことかを探るべく、栗田氏に話を聞いた。

Professional Interview KURITA KOJI

睡眠時でも効率の良い呼吸をするためにできること

なるほど。横隔膜をしっかりと使うことが大切なんですね。では、どんなことをしたら、睡眠時にも横隔膜を使った呼吸ができるようになるのでしょうか。

まず気をつけるのは、骨盤や肋骨が正しい位置にあることです。これが正しい位置にないと無意識下での良い呼吸はできません。骨盤や肋骨が正しい位置にない状態で睡眠をとれば、無意識に首や肩や腰を使った呼吸や、口呼吸をしてしまいます。いびきで呼吸が不十分で疲労が抜けない、朝起きたら、首も腰も凝っているというような状態になるわけです。だからきちんと、起床時に肋骨や骨盤の位置を整えるトレーニングや、横隔膜を使った鼻呼吸のトレーニングを積むことが大切なんです。普段から、口を閉じた鼻呼吸で穏やかに息を吐き、吐いた分だけゆったりとお腹を横に膨らませるように心がけましょう。

まとめ
・自分で情報を咀嚼し、考え、行動に移す「スマート」なパフォーマーになろう
・パフォーマンスの最大化を求めるのであれば、回復に力を入れるのが効率的
・活動の肝は呼吸。呼吸で大切なことは「吐き、鼻で吸う」こと
・回復を担う睡眠に対し、呼吸からアプローチをする
・呼吸を効率化させる身体づくりが、睡眠の質を向上させ、パフォーマンスの最大化に寄与する

ナステント株式会社とは

睡眠を呼吸から考えるナステント株式会社 「睡眠時無呼吸症候群やいびきに対する新しい選択肢を提供し、人々の睡眠の質の改善=QOL(Quality of Life)の向上に貢献する」というミッションのもと、睡眠時の呼吸に対し、鼻に柔らかいチューブを挿入することで、呼吸時の鼻や気道の空気の通り道を内部から確保という斬新なスタイルで貢献する一般医療機器「ナステント」の製造・販売を通じ活動しています。人びとに質の高い睡眠を提供し、最高のパフォーマンスを実現します。

アスリート支援プロジェクト公募受付中! 睡眠時の呼吸をサポートし「攻めの睡眠」によってアスリートのパフォーマンスアップを持続的に支援します。

FAXでのご購入

注文書に必要事項を記入して、処方指示書と共にFAXください

03-6453-7019
注文書ダウンロードはこちら

電話でのお問い合わせ

商品のお問い合わせや、医療機関をお探しの方はお電話ください

0120-480-740

受付時間:10時~18時(平日のみ)

携帯電話・PHSからもご利用になれます

一般医療機器届出番号 13B2X10399000001

  1. ナステントトップ
  2. Professional Interview
  3. Professional Interview パーソナルトレーナー 栗田興司
backTop