コラム



スタッフコラム


女性のいびきに関する傾向と対策

旅行に行くときなどにいびきが気になる

ナステント体験会に来られる方で女性の方は10~15%ほどいらっしゃいます。体験会に来られたきっかけをお聞きすると「今度、お友達と旅行に行くことになったのですが、いびきが気になるのでナステントで対処しようと思って」という方が非常に多くいらっしゃいます。ご家族の指摘で自分のいびきに気づき、アプリで本当に自分がいびきをしているかを確認し「自分がいびきをしているなんて信じられなかった!」とおっしゃる方も少なくありません。

睡眠といびき

実は女性でいびきをかく人は多い

自主調査(*)の結果によると、いびきをかいたことがある女性は、女性全体の約35%。3人に1人以上はいびき経験者なのです。

睡眠といびき

豆知識ですが、一般的に女性は男性よりもいびきをかきにくい体質であるといえます。いびきは、狭くなった上気道に、空気が通過する際に周囲の粘膜が震える音(振動音)ですが、その上気道が狭くなる原因の一つに肥満があげられます。男性は上半身に、女性は下半身に脂肪がつきやすい傾向があるため、肥満による上気道の閉塞を引き起こす人は男性より女性の方が少ない傾向があります。
また、女性ホルモンの一つプロゲステロンは、上気道開大筋群のなかで重要な役割を持つオトガイ舌筋という組織を緊張させる作用があります。そのため上気道が男性に比べて広がりやすいのです。これらのことが男女のいびき経験の差を生んでいる要因の一旦です。
話はそれますが、男女を総合すると「いびきをかいたことがある人」(「毎日ずっと」「毎日だがずっとではない」「週のうち何日かいびきをかく」「ときどきいびきをかくことがある」)は、全体の40.6%に達します。そもそも自分がいびきをかいているかわからない人が男女合わせると約45%になりますので、いびきをかいている人の数は40%よりももしかすると増えるかもしれません。
*ナステント自主調査 2019年1月実施 インターネット調査(n=5,770)

女性がいびきをかきやすくなる理由

では、女性がいびきをかきやすくなるのはどうしてでしょうか?まず一つは人間である以上避けられない「加齢」があります。加齢により軟口蓋・口蓋垂(のどちんこ)の落ち込み、舌根の沈下により上気道が閉塞しやすくなります。また、閉経によるホルモンバランスの変化による影響があげられます。前の段落で触れたオトガイ舌筋の緊張が弱まり、閉経後では閉経前と比べてOSA(閉塞型睡眠時無呼吸)の発症率がおよそ3倍になるというデータもあります。
自主調査(*)でも60代を超えると急激にいびき経験者の数が増加していることがわかります。

睡眠といびき
※2019年1月実施 インターネット調査(n=5,770)

女性も恥ずかしがらずに鼻チューブで対策!

ナステント体験会のときの話に戻ります。女性の皆様に鼻チューブを評価していただくポイントは、目立たない、持ち運びしやすいの2つが突出しています。
特に目立たない、というのは非常に大きなポイントで、大げさに対策をしているように見えない(ばれない)のは重要項目のようです(ただし、ノーズクリッパー部分だけが見えます)

また鼻チューブ挿入の際は(あくまでも定性データですが)、男性よりも女性の方がスムーズです。興味を持っていただくとそこから行動に移される方がとても多いです。男性は(女性に比べると、ですが)恐る恐る、もしくは慌てて挿入した結果うまく入らず、もう一度挿入することになるという方が多いです。こちらの動画の女性も一回でするっと入りました(おかげで撮影があっという間に終わりました)

「あら、もしかすると私、最近いびきをかいているかも?」と思った方はぜひアプリなどで録音してみてください。万が一、いびきをかいているようでしたら鼻チューブを対策の候補に入れてくださいね。また、ひどいときはぜひお医者様にご相談してください。最近は睡眠時無呼吸症候群外来やいびき外来も増えております。また耳鼻咽喉科でもご相談できます。快適な睡眠は、食事や運動と同じくらい大切です。ぜひ気になったらアクションをとってみてください。

ナステントの処方指示書も発行できる全国の医療機関はこちら